2015年09月02日

【万華鏡クリップ】日本の投降から70年、中国政府はやっと李会映たちのような「老兵」の貢献を認め始めた。戦後、国民党軍は中国での内戦に敗れ、国民党軍人は何十年もの差別を受けてきた。その彼らに北京当局は2年前から退役軍人手当を受ける権利を与え、抗日戦争勝利記念活動に参加する権利を与えた。これらはある意味、台湾を惹きつけ、中国との統一を実現する手段だと見られている。

李会映は1944年、中国遠征軍としてビルマ(当時)国境での戦闘に参加、この闘いはアジアの戦局を転換させる戦いとなった。そこでは中国国民党が指揮する部隊が海外華人ボランティアとアメリカの「フライングタイガー」空軍部隊と協力して日本軍を破り、ビルマ−雲南をつなぐ道路を開放、物資を中国国内に運び入れたのである。

日本の投降から70年、中国政府はやっと李会映たちのような「老兵」の貢献を認め始めた。戦後、国民党軍は中国での内戦に敗れ、国民党軍人は何十年もの差別を受けてきた。その彼らに北京当局は2年前から退役軍人手当を受ける権利を与え、抗日戦争勝利記念活動に参加する権利を与えた。これらはある意味、台湾を惹きつけ、中国との統一を実現する手段だと見られている。

70年来、中国共産党は自身を抗日戦争の主な軍事勝利者だと語り、国民党の働きを薄めようとしてきた。2006年には、中国で初めて万単位の国民党兵士が抗日戦争で犠牲になったことを伝えようとしたメディアが、休刊の憂き目にあっている。


今年の夏、映画『カイロ宣言』の宣伝ポスターには、国民党「委員長」(と中国では呼ぶ)の蒋介石ではなく、中国共産党主席の毛沢東の顔が大きく印刷されていた。この映画が1943年にフランクリン・ルーズベルト、ウィンストン・チャーチル、そして蒋介石が開いた会議を描いているのにかかわらず、である。

あるめんからすると、中国共産党が今日、中国の統治権を手にしたのは1945年の日本の侵略戦争の終結に由来する。毛沢東は前線から遠く離れた延安を根拠地にして日本に対して猛攻を仕掛け、中国共産党の合法性を大衆に植えつけた。日本軍が撤退した後、中国共産党が東北の工業地帯を管理下においたことが、毛沢東が内戦に勝利することになった。

1950年代初めに中国共産党が展開した粛清において、100万レベルの地主、秘密結社のメンバー、国民党に忠誠を謀った人たちが処刑された。1958年から1961年の「大躍進」時代に引き起こされた飢餓、そして1966年から1976年の法理を無視した文革において、彼らは再び攻撃の対象にされた。それらを生き延びた多くの国民党軍兵士は目下、貧困の中で暮らしている。それは、彼らが政治的な理由で結婚する事もできず、年老いてからも養ってくれる子どもたちを持てなかったからだ。

だが、雲南省の騰沖は例外となった。同市の松林に囲われた山の斜面には落ち着いた墓苑があり、ここは中国で唯一亡くなった国民党兵士を記念する場所となっている。この土地において残酷な内戦がほとんどここに及ばなかったことがあり、戦後の和解は容易に進んだ。李会映のような国民党の老兵士は普通に「老兵士」として敬われている。

騰沖の記念館には李会映が、雲南の怒江で戦った激しい闘いの模様が紹介されている。記念館ではまた、日本軍兵士に仕える慰安婦、現地のゲリラ部隊、そして中国人労働者の苦労の様子などが紹介されており、そんな労働者がジャングルを切り開き、大きな岩を破壊し、ビルマ(現ミャンマー)と雲南を結ぶ道路を作り上げたのだ。

今年94歳になる許本禎は当時、その労働者として働いた。当時、彼は16歳で、泥沼のジャングルに砕かれた石を敷き詰めたという。最後に参加したキャンプでは、追撃されたアメリカ軍の飛行機から装備をいただいて作られていたという。

「我々に必要なのは我々が団結できるものを探し出すこと」と、許本禎は台湾について語った。「我々に栄誉を与えることは、すべての亡くなった兵士たちに栄誉を与えることになる」と。
posted by wanzee at 12:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Copyright © WANS Factory. All rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。