2012年10月15日

わしの文章が長ったらしいわけ:本日のツイートから

(121015 今日のツイートから抜粋。加筆してまとめました)

わしの文章が長いのは、「知られた表層」下で「知られていない事情」「知られていない事実」「知られていない思考方法」「知られていない習慣」「知られて いない出来事」なんかを説明せんと、わしが見ている中国が伝わらんからだ。日本がもっと中国の現実を知っていたらそんな面倒なことせんわ。

だんだんわかってきた。脊髄反射系は読まずに批判する。あたしはそういう脊髄反射系が読めないような長い記事を書いて、きちんと読む人に届けているのだよ。
                    
「結果だけ教えてくれればいいのに」みたいな言い分って、結局「洗脳してください」と言っているようなもんで、だったら中国が「洗脳」だのどうこうだと言っているあんたの立ち位置ナニ?て話なわけ。自分が民主国家に育った日本人だからって甘えちゃいけない。

別に批判するな、とは言わない。事実に反した内容に対する指摘や批判は喜んで受け付ける。だが、あなた自身の反中、嫌中、勘違いを読まずにあたしにぶつけてこられても、あたしにゃあなたは救えないし、救う義務は感じない。まずあなたが知らない事実を読んでから考えろ。

あたし、よく中国人にも言ってんだけど、「基礎的な知識を得ずに、その基礎の上に立つ『最新の知識だけ教えてくれればいい』とか言うな」って。中国事情も 『基礎的なこと」を知らずに、「表面だけ教えてくれればいい」と思っている人多すぎ。だったら新聞読めばいい。新聞記事とコラムの違いはそこ。               

中国のことが80%以上知られていない日本で、中国で今起こっていることを説明するにはその「知られていない80%以上」をまず伝えなければならない。そ れを知ろうとせずに「長い」というのは簡単だが、その「長さ」とは、イコールあんたの無知を意味してるんだよ、という事に気づいていない人多い。            

新聞記事は紙面の関係もあって、いろんなことを端折って作られている。「だから新聞は精錬された記事なのだ」と言う人もいるけど、ある部分、それは事実。 だが、端折られたところに大事なものがあるのも事実。だから簡潔に読みたければ新聞最高。でもきちんと深く知りたければ、もっと他のソースを探す。
 
その新聞すらも読まないような人が、深層や端折られた事実を説明するコラムや書籍を「長い」と言って批判するのは愚の骨頂。

短いのがいいなら、制限枠のある新聞読め。だが、深いことを知りたければネット上で信用できるコラム読め。どれも読めないならバカのままでいろ。
                   
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

できるだけ速く難解な文章を理解するには?
Excerpt: 「最新の知識だけ教えてくれ」は虫が良すぎるが、できるだけ速く「深いことを知る」方法はないか?結局、自分にとって難しくて「長い」ものに立ち向かわないといけないのだが・・・
Weblog: ことばまとめ2
Tracked: 2012-10-16 11:39
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Copyright © WANS Factory. All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。