2012年09月22日

愛国の被害者たち:メルマガ「ぶんぶくちゃいな」Vol.28 配信!

ここ数日、中国と言えばデモ、そろそろ皆さんも飽きてきただろうが、18日を境に中国ではデモの話はすぅっと消えてなくなった。だが、街にはまだ傷跡が残っている。当局によるデモ収束宣言から数日後も、日本ブランドのショップは通常営業には戻ったもののまだ赤い布(中国の国旗を連想させる)で看板を隠したまま。近年中国人の間で人気を博してきた各ラーメン店も閑古鳥が鳴いている。表面的には店も人々もあの「忌まわしい空気」が薄まっていくのをじっと待っているかのようだ。

デモが始まってから今日までわたしも幾人の友人の電話やメッセージを受けたことだろう。電話の向こうで「恐ろしい…」と、わたしより先に中国人の友人がつぶやく。周囲の友人のほとんどは日頃から特に日本好きというわけではないが、激しい暴力行為にただた言葉を失っている。

1989年の天安門事件以降の中国における比較的大きなデモ騒ぎといえば、1999年に旧ユーゴスラビアの中国大使館が爆撃されて大使館員が亡くなったことが反米デモはかなり注目された。そして2005年には小泉首相と閣僚の靖国参拝などへの積もり積もった怒りが爆発した反日デモが起きた。2010年にも尖閣沖で中国漁船と海上保安庁船が衝突したことがきっかけで反日を叫ぶデモが起こったが、これはその後各地に飛び火するうちに自然発生的に反政府スローガンが飛び出し、慌てて当局が全力で火を消しとめた。

かつて社会主義華やかなりしころ、「米帝国主義」と呼ばれていたアメリカ、そして戦争の歴史をひきずる日本は、中国にとって「仮想抗議相手国」らしい。その他の国との利益衝突がデモにまでつながったという話はそういえば聞いたことがない。

(続きはメルマガ「ぶんぶくちゃいな」でどうぞ)


posted by wanzee at 01:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | § ぶんぶくちゃいな § | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Copyright © WANS Factory. All rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。