2012年04月18日

「信ずべきはネットか政府か?」:メルマガ「ぶんぶくちゃいな」Vol18 配信

中国ではこのところ、政府当局による「ネットのデマを信じるな」キャンペーンが熱く展開されている。面白いのは、わたしをはじめ多くのネットユーザーは
そのキャンペーンの詳細をネットを通じて読んでいる。テレビが新聞が繰り返す、「ネットのデマを信じるな」という主張をネットユーザーに届けるにはネットを
使うしかない。つまりネットなしでは当局だってその声を人々に届けることすらできないという矛盾がある。

もし、この「ネットのデマを信じるな」というキャンペーンの要所が「デマを信じるな」にあるならば、民間だって異論はないはずだ。まともな知性を持つ人
間なら「デマ」が「良いこと」でないことくらい理解できる。だが問題は、このキャンペーンが始まって以来インターネット全体が不安定になり、いくつかの有
名サイトにアクセスできなくなり、海外サイトへはもっと困難になった。ネットユーザーは日常的に読んでいるサイトやブログが突然読めなくなれば、このキャ
ンペーンが主張しているのは「デマを信じるな」ではなく、「ネットを信じるな」なのだと知っている。

中国では何度もこういうことが行われてきた。一見正しすぎてわざわざ口に必要も感じないキャンペーンテーマは、これまでは井戸端会議のおばちゃん世代に
「世の中にはバカな奴ら(今回の場合、デマを信じるような奴ら、という意味だ)がいるものねぇ」という話題を提供してきた。そしてそれに異論を唱えること自
体が異端者に思えるほど社会的正統性を人々に植え付けて実質効果を生んだ時代もあったのだが、その二枚舌に人々もさすがに気づき始めているのだ…

(続きはメルマガ「ぶんぶくちゃいな」でどうぞ)


posted by wanzee at 19:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | § ぶんぶくちゃいな § | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Copyright © WANS Factory. All rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。