2012年02月22日

自信:メルマガ「ぶんぶくちゃいな」配信

昨年秋、見知らぬ日本人大学生からメールをもらった。所属する大学の某先生にわたしのメルアドを教えてもらったといい、「自分はこれから日本を一周し、その様子を中国のソーシャルメディア上でつぶやきます。1年後には中国の若者の間で一番有名な日本人になっている自信があるので支援してください」と、短く書かれていた。

これだけじゃよく分からないので「あなたの求める支援とはなんですか?」と尋ねたら、「スポンサーになってください」と簡単な返事が来た。そこでぷつん、とキレた。

全く見知らぬ人間にスポンサーになってくれ、つまり金銭的支援をしてくれ、か。わたしも大人になってから他人からお金を借りたことがある。しかし、それはいろいろ算段したうえで日ごろの付き合いから「この人だったら助けてくれるだろう」と判断し、その人にどうして自分がお金が必要なのか、そのお金をどのように使うのか、今の自分の手持ちではどうして足りないのか、そしてどうやってその人の好意に報いるのか、どうやって返済するつもりなのか、をいかに説明するかをさんざん考え(もちろん、自分のメンツもあった)、頭の中で何度かリハーサルしてから、本当に恥ずかしいのですが…と、切り出した。

しかし、この大学生くんは「日本を一周」して「中国のソーシャルメディア」でつぶやいて「一番有名な日本人」になる「自信」という。これらのほかには、どうして彼が日本を一周するのか、なぜそれを中国のソーシャルメディアでつぶやくのか、そしてそれでどうしたらそんなに簡単に一番有名な日本人になれると思うのか、その自信はどこから来るのか、そしてなぜそのためにわたしが金を出さねばならないのか、の説明は全くなかった。他人に金もらって(彼が求めているのは借金じゃない)日本を一周できて中国で有名になれれば、そりゃ幸せなことこの上ないんじゃない? 

中国のソーシャルメディアの一つにアカウントがあってすでに○○人のフォロワーがいる、というが、そのアカウント名すら書いてない。つまり言いっぱなしでこちらには確認の手段も判断の基準も与えない。お金を出してと言いながら、その具体的な計画や全体予算もなかった。お金と引き換えに出すつもりだったのかもしれないがそんなもん、見も知らぬ人への頼み事であればまず自分から、「自分がどんな人間で、何を考えて、どうこうどういう実績を持っているか」を証明するのは基本中の基本だろう。それすらできない人間の1年後に誰が投資するのか・

(…続きはメルマガ「ぶんぶくちゃいな」でどうぞ)




posted by wanzee at 13:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | § ぶんぶくちゃいな § | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Copyright © WANS Factory. All rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。