2011年10月18日

その名は温州:メルマガ「ぶんぶくちゃいな」配信

すみません。ブログの更新がすっかり滞っています。9月末に7年半暮らしたアパートを離れて、次なるアパートに移る予定だったのですが、どうしても以前のそれより気に入った部屋が見つからず、「部屋が見つかるまでどうぞ」と言ってくださったある友人宅の空き部屋に転げこみました。只今、じわじわとわたしによる、その方の部屋の占領、侵略が始まったところ。奇妙な同居生活も今のところスムーズに進んでおります。

*************************************************

日ごろそれほど中国になじみがない人も、「温州市」という地名に、なんとなく記憶の片隅になにかひっかかるものを感じるのではないだろうか。

...そう、7月に起こった高速鉄道事故の現場となった、浙江省の一地方都市だ。最近、この街が再びまた人々の話題に上っている。そして同事故に続いて、わずか2ヵ月後に再び温家宝総理が同地を視察に訪れたという。地方省の中心都市でもほとんどありえないほどの短期間における総理の再訪は、今温州で起こっている事態が高速鉄道事故に引き続き、この国全体にとって無視できない「大事件」であることを示すものだ。

温州で何が起こっているのか。簡単に言うなら、温州が「焦げ付いている」のである。温州は中国全土に名を知られた、「民間融資の街」だった。と言っても、中央政府が正式にそう命名したわけではなく、経済界にその独特さを認められ、自然にそう呼ばれるようになったのである。

(続きはメルマガ「ぶんぶくちゃいな」でどうぞ)


10月19日追記)
メルマガで、「ノーベル経済学賞を受賞したユヌス氏のグラミン銀行」に触れましたが、国名の「バングラデシュ」を「バグダッド」と書いておりました。まったくお恥ずかしい限りです。ここに訂正させてください。





posted by wanzee at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | § ぶんぶくちゃいな § | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Copyright © WANS Factory. All rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。