2009年09月28日

壁の中の懲りないやつら・中国版

このところ、GFW(中国当局がしかけたファイアウォール、Great Firewall)が日増しに強化されているようで、Gladder、Tor、VPNなどのいわゆる「翻墻(壁越え=Wall越え)」ツールが次々に使えなくなっている。わたしなんかここ2週間でこれ全部取りつけて全部試してたけど、今は完全にお手上げ。壁の中でおとなしく(?)日々過ごすのみ。

それでもすごいのは、ネットオピニオンリーダーたちだ。

TwitterはオリジナルページはやっぱりGFWでブロックされているのだが、iTweet.netやTwhirlなどのソフトウェアを使えばまだアクセスできる。そこに集まってくる連中といったら……

以下は彼らの語録集。
lianyue: 中国共産党の中央委員会第4次全体会議は漬物ブランドの「六必居」がスポンサーかい? なんでむやみやたらに「六必須」ばっかり目につくんだ?
(9月20日)
来月の党大会を前に開かれていた党の中央委員会。毎年のことでそこに提案される政策や人事が話題になるのだが、今年は建国60周年を前に大した話題もなかった。で、ネットで注目されたのがこの「六必須」。かつて江沢民が「三個代表」を唱えたり、とにかく数字でゴロ合わせするのが好きな人達ですから…。

続けてまた連岳(Lian Yue)の発言。
lianyue: ここ数日来、「新聞聯播」でエコロジーがかなりの割合を占めている。ってことは中国の環境問題は本当にひどいことになってんだな。
(9月20日)
「新聞聯播」とは、国営の中央放送テレビCCTVが流す夜7時のニュース番組。国の重要人物が亡くなったり、あるいは何かの事件の性格付けをする際にはまず必ずこのニュース枠で庶民に向けて、そして対外的に正式な発表がなされるという、権威的な番組。外国メディア関係者の中にはこれを観てから一日の仕事を終える習慣にしている人も多い。連岳もこれより先に「ここんとこ、毎日『新聞聯播』を観ている自分はとってもプロフェッショナルだ」って書いていた(笑)。
lianyue: 張健飛は酒を飲んで傷害事件を起こした。北京では歩行者にも酒酔いテストをする必要があるのかも。
(9月20日)
新疆での騒ぎもまだ冷めやらず、国慶節前の緊張が高まるなか、文字通り天安門広場の玄関口である前門で17日、立て続けに2件の通行人殺傷事件が起きた。特にけが人にはドイツ人女性が含まれていたことから、すぐにTwitterにもその情報が流れた。その犯人の一人張健飛は「酒を飲んで暴れた」とされる。でも、超厳戒態勢が続く中で、街のど真ん中で起こった事件は疑惑が付きまとっている。
roseluqiu: 北朝鮮の閲兵を観ると他人が馬鹿に思えたけど、自分たちの閲兵を観てなぜ他人がわれわれをアホだと思うのかが分かった、と友達が言う。
(9月16日)
香港フェニックステレビの報道チーフ閭丘露薇(Rose Luqiu)。本名や顔は出さないが、国慶節の戦車やミサイルなどの軍関連、さらに老若男女を動員するやり方に、巷では批判が多い。
lianyue: 中央宣伝部の共通原稿制度で分かる。デマがなければ、中国人は真相を知りようがないってことを。
(9月20日)
なにか大事件が起きるたびにメディアに出される、政府による共通原稿。どこのメディアも勝手な記事をかけず、その共通稿をそのまま使うことが義務付けられる。もちろん、語調も視点も一言一句そのまま使わなければならない。当然、読者の「くわしく知る権利」はまったく無視されている。
lianyue: 世界三大映画生産地:ハリウッド、ボリウッド、「新聞聯播」
(9月13日)
ニュース見ながら、「勝手なこと言ってんじゃないよ」とつぶやいている連岳の声が聞こえるようだ。
lianyue: 二つのTが中国を救う。それはTaiwanとTwitter。
(9月12日)
そしておととい起こった、これまた市街中心部の新疆レストランの爆発事故。「すわ、爆弾騒ぎか」とも言われたが一般のプロパンガスの爆発が原因だったらしい。
flyingpku: でも、菜っ切包丁を実名登録制にして、ハトを飛ばせなくして、住民たちには良民証を発行する都市で、反動的なプロパンガスが許可なく爆発するんだから、人民民衆が安心して過ごせるわけがないよな。
(9月25日)
この話題でもう一個。
dudiaoweng: ウイグル人、チベット人、漢人、ハト、菜っ切包丁などなどはすべて中国共産党の敵である。つまるところ、中国共産党はほぼすべてのモノの共通の敵なのである。
evern5435: あと、プロパンガスボンベもね。
(9月25日)
…うまいっ! そういや、国慶節に向けて天安門でハトを飛ばさない(って、でもどうやって?)らしいが、10月1日当日は首都空港閉鎖、つまり飛行機が飛ばないことになっているそうである。

そして、連岳がこれまたうまいことを言っている。
lianyue: 専制が倒れて個人が豊かになるのではなく、個人が豊かになれば専制は倒れやすくなるのだ――永遠に怒りに満ちた職業革命家たちに捧ぐ
(9月20日)
AVを観て、映画の評論を書き、恋愛コラムで若い人をそそのかし、ついでに老人を怒らせ、そして時事評論を書き終わるとNBAの試合に熱くなる。そんな中国人オピニオンリーダーの存在を、日本の反共主義者は知っているのだろうか?

極めつけ。これにはわたしも爆笑した。
keepwalking: へぇ、福島瑞穂が女で、亀井静香は男なんだ〜。
(9月12日)
…そりゃ、確かにニュース報道の漢字でしか知らなかった中国人には新鮮だわな。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Copyright © WANS Factory. All rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。