2016年07月19日

NP猪瀬さん暴露記事に関する私見

NewsPicks(以下、NP)の猪瀬直樹さん暴露記事がいろいろなコメントを巻き起こしているようなので、ここにわたしが考えたことをまとめておきます。

念のためですが、わたしはただの中国関連のライターで、ジャーナリズムとかニュース報道の学位をとったこともなく、マスメディアに所属したこともない「たかが」野良犬です。野良犬が世の中をぶらぶらしながら学んだことと照らしての感想なので、適当に読み飛ばしてください。

●猪瀬さんの言葉を記事にしたのは正しい:これまで語られていなかったことが日の目を見た、その価値は否定しようがないでしょう。特に記事のきっかけになったのが小池さんの出馬関連記事へのNPコメントなので、NP編集部が動いて記事にしたのは当然すぎるほど当然のこと。それが責められることはない。

●読者からの「反論の掲載」要求:猪瀬さんはこうした読者のコメントに怒りにも似た「反論」をぶつけているが、反論になっていない。理性的に理解したいと考える読者であるならばメディアに対する当然の要求。そしてその要求は猪瀬さんではなく編集部に求められていることは理解すべき。読者の「知る権利」は猪瀬さん側の事情だけではなく、相手側の事情を含めた「全体の概要を知ること」にも適用されるはずのものだから。ただ、「新聞系は及び腰」という猪瀬さんの指摘は今後証明されていくはずなので、読者はきちんと記憶にとどめて観察を続けるべき。

●雑な記事、原因は編集がザル過ぎること:編集部は反響の大きさに小躍りして喜んだだろう。記事製作者の喜びを責められないが、記事の「質」自体は前述したようにNPという「場」の利を利用しただけであまり褒められたものではない。特に編集長自らが乗り込んだインタビューにしては子供の使いレベル。相手への斬り込みもなく、反問もなく、ただひたすら猪瀬さんの恨み節を押し頂いて帰ってきて書き起こしただけ。首相のぶら下がりメモよりもひどい。編集長が出かけていったのは立場が立場の人だし、それなりの「暴露」が期待されたからだろうが、結局その「知名度」「暴露」におんぶにだっこした記事になっている。だから上記のように理性的に物事を理解したい読者から「反論を聞きたい」というコメントが並んだ。


......もっとごろごろ
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Copyright © WANS Factory. All rights reserved.