2013年01月27日

「恩を仇で返す」と中国メディア記者の声:昨日のツイートから

(このエントリは、昨日のエントリ「内向きの日本、日本人は気づいているのか?」の続きです。まだお読みでないかたは昨日のエントリからどうぞ)

日本の政治家や外交官は中国においても日本メディア相手にはたびたびぶら下がりを実施し、自分たちの活動状況を伝え、日本にいる人たちはそれを読んで「彼らも中国で頑張っている」と信じている。でも、その「彼ら」が中国メディアを呼んで自分たちの主張を伝えようとしていないことは、日本メディアも興味&テーマ外だから書くことはない。

つまり、我々日本人は日本メディアを通じて「中国に向けて我が国関係者は説得努力を、交流努力を続けている」と思い込んでいる話の多くは、当事者である日本の外交官、政治家の口からのみ知らされているだけで、実際には受け手である中国の人たちの状況などの事情は裏付けされていない。つまり、「言ったもん勝ち」。これじゃ中国政府と同じじゃん。

きっとそういう政治家や外交官は「中国のメディアは当局の舌だから」とか「こっちの言ったことをその通りに書いてくれない」とか言うんだろう(大使館員はそう言ったしね)。でも、起こったばかりの「南方週末」事件を知ってるか? あの事件で声を上げた編集部員たちと同じように「事実」を掘り起こそうとしているメディアを、ジャーナリストを知っているか?



......もっとごろごろ
posted by wanzee at 10:17 | Comment(1) | TrackBack(0) | ニッポンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月25日

内向きの日本、日本人は気づいているのか?

いや、若者が外国に行きたがらない、とかいうレベルの話じゃないです。

昨夜また、友人の中国人記者から「臨時通訳待機要請」がありました。今日正午過ぎに終わる、山口公明党幹事長代表の記者会見に「中国語通訳ついていなかったら、電話でお願い!」

習近平と会った山口幹事長代表の帰国前会見。やっぱり中国語通訳付けない=中国メディア向けの発表なし、だったらしい。数人の日本人記者が知り合いの中国人記者向けに好意で通訳をしてあげた、という情報入ってきたよ。日本政府の内向き度、いい加減にしてほしい…

つまり、顔見知りの日本人記者がいない中国メディアさんは山口さん(だけではない、数々の日本の要人)がしゃべっていることがてんで分からない。つまりつんぼ桟敷に置かれたことになる。

日本の人たちは「日本からたくさん中国に特使を送って…」と思ってるけど、その特使さんたちがまったく中国に向けて発言しないので、いつまでも中国では、「で、なに、その特使って? おいしいんすか?」状態であることは覚えておこう。それでも報道してくれる中国メディアをありがたく思え、て世界だよ。


......もっとごろごろ
posted by wanzee at 15:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北京の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

「南方の粥」南方週末事件の陰で

日本でも流れている、広東省の「南方週末」紙記事の無断差し替えとその後の編集部のストライキ事件。それについては現在、原稿を準備中ですが、今朝方、またすんごいシーンが現れた。

「南方週末」事件を批判する政府系メディア「環球時報」が発表した社説の掲載を強要されて、北京の新聞「新京報」の社主が今朝明け方辞任した。

一昨日、党中央の宣伝部(つまり全国のメディアを管轄する機関)が主要紙に対して昨日(8日)の新聞の目立つ位置に「環球時報」の社説を転載するよう要求したのだが、北京の「新京報」と湖南省の「瀟湘晨報」の二紙はそれを無視し、掲載しなかった。その結果、昨夜夜半に今度は北京市の宣伝部関係者が『新京報」に乗り込み、今朝(9日)の掲載を要求。

編集部全職員に意見を求めた投票を行った結果、全員一致で「掲載拒絶」となり、それを宣伝部に伝え、再度掲載を拒絶したところ、「新京報をつぶすか、掲載するか」という脅しを受けたという――これらの経過はすべて、中国産マイクロブログ「微博」で記者たちが報告。だが、その後、記者たちの微博アカウントが次々と削除された。

その結果、強要する宣伝部に対し、社主が「辞任」を申し出た。ネットには編集部に集まって涙をながす、記者や編集者たちの写真がたくさん掲載されている。



......もっとごろごろ
posted by wanzee at 17:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろびろ中国いろいろ中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月06日

朝日新聞購読解約について

(この記事は最初、フェイスブック上での「知り合い」に限って公表するつもりでした。完全にわたし個人の気持ちをまとめたものだからです。ですが、長くなったこと、そして取材というものの視点を考える上できちっと公開しておきたい、と思うようになりました。ここで記者個人を責めるつもりはまったくありません。ですが、内容を追う中で探そうと思えば個人名はきっと出てくることになるでしょう。そのお一人お一人と、問題点をきちんと語りあう準備はあります。ご理解いただければ幸いです)

**************************************************

昨夜遅くツイッターで「朝日新聞購読解約」を宣言し、実際にその直後に解約しました。現実には11月に購読申し込みをし、「2ヶ月間の無料優待」を終えたばかりで、今月から課金されたのですが、それを5日目にして解約。ただ、朝日のシステムはさすがに優れていて、すでに課金したのだから今月いっぱいは有料会員として全記事を読むことができます。つまり、わたしは2月から「1日3本まで」の無料会員に戻ることになりました。

これまでほぼ2ヶ月間、いろんな事情で目を通さなかった日もあったけれど、一回も「解約」ということを考えたことがありませんでしたが、昨夜はさすがに腹がたって解約を決意しました。

わたしに解約を最終的に決意させたのはこの記事です。
「市役所がツイート監視 きっかけは被災がれき」http://digital.asahi.com/articles/TKY201301050352.html 

(課金記事なので読めない方もおられるかもしれませんが、上述したように無料会員登録をすれば1日3本まで読めるので、まだの方はどうぞ)

これは朝日の新年特集「ビリオメディア」のうちの一本の記事です。記事は「北九州市が、ツイッター上のつぶやきを監視している。きっかけは、東日本大震災で発生した宮城県石巻市のがれきの受け入れだ」で始まっています。

わたしは生まれた場所こそ、母の故郷の岡山県ですが、生まれた時から北九州市民として育ちました。すでに年齢の半分を同地から離れて暮らしていますが、それでも年に1度は必ず母の暮らすこの街に戻ります。そんな中でこの市内外を巻き込んで大論戦に至った「がれき受け入れ」の話は到底他人事では済まされないのです。

いや北九州市に関わっていなくても、「がれき受け入れ」は日本人全体が考えるべき問題です。そこを一介の市が「一国の仲間」として引き受けた、このことは反対派だけではなく賛成派にとっても「痛い思いをわかちあう」難しい決断だったわけです。



......もっとごろごろ
posted by wanzee at 15:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニッポンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月03日

「2012年、『ニューヨークタイムズ 中国語版』で読まれた記事トップ5」:メルマガ「ぶんぶくちゃいな」vol.37配信!

あけましておめでとうございます。

2013年からメルマガ「ぶんぶくちゃいな」をリニューアル配信しました。
今週号の主なトピックは以下:

§ 01. ネットの話題とつぶやき § :ツイッターや微博で注目を集めた話題を「つぶやき」でご紹介。
 1)12月28日、民主活動家劉暁波氏の友人たちが軟禁中の劉夫人との面談に成功:
 2)ネット実名制を含む「ネット情報保護強化案」可決(12月28日):
 3)ブルームバーグ、中国8大元帥家族の関係勢力図をチャート化(12月26日):

§ 02. 思考することば §:同じ漢字国で人々が使う言葉から庶民の目に映る社会を眺めます。
 「感謝国家、感謝党」=「国に感謝し、党に感謝する」(霞山会・2010年11月掲載)

§ 03. 今週のトピックス §
 2012年、「ニューヨークタイムズ 中国語サイト」で読まれた記事トップ5
 -----------------------------------------------------------------
 ●インターネットの普及はメディアの世界を大きく変えました●中国では特にネットの普及は文字通り「海外メディアへのアクセ  ス」を意味しており、海外のメディアを読む人が激増●それに目をつけたアメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、オーストラリア などのメディアは中国語で自社ニュースを発信するサイトを開設、外国語が読めない人にも人気を集めています●ここ2年のうちに やっと日本メディアも朝日新聞社や日経などが中国語サイトの運営に積極的に乗り出しました●その中でも特に読まれているの  が、「ニューヨークタイムズ」紙●昨年末に発表された同紙の年間アクセストップ記事を以下、リンク付きでご紹介します●

購読は:
夜間飛行:http://www.yakan-hiko.com/furumai.html
まぐまぐ:http://www.mag2.com/m/0001314434.html
*どちらも購読初月は無料。それぞれ毎月第一、第三水曜日の本号配信するほか、夜間飛行ではさらに毎月最低1回号外を配信します)

どうぞよろしく!



......もっとごろごろ
posted by wanzee at 01:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | § ぶんぶくちゃいな § | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Copyright © WANS Factory. All rights reserved.