2012年07月29日

江蘇省啓東事件

昨夜の江蘇省南通市啓東のデモ。土曜日早朝に始まったのも驚いたけど、展開が早くてびっくり。みなさんパワーがあるというかなんというか…

午後から出かけてしまったのですべてを追うことはできませんでしたが、基本的にツイッターの中国語TLで追ったものを翻訳しました。たぶん、日本メディアのまとめ報道とはニュアンスがかなり違うと思うので、読んでいただければ…(これは後程Togetterの「1207 【中国のツイート】」にもまとめるつもりです)。


......もっとごろごろ
posted by wanzee at 12:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろびろ中国いろいろ中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月25日

民間vs政府

「今週の秋に交代か?」という見出しに、おおーとうとう始まったか、中国政権交代の秋!と思ったら、丹羽大使の話だったでござる。ちいせぇのぉ〜。

産経記事はもうかなりイッちゃってるので避けて、毎日新聞の「丹羽大使去就」記事> http://goo.gl/Djyui でもね、「丹羽大使は大使というよりビジネスマン的な感覚で発言し行動」っていう政府関係者の言葉も不思議。だって、丹羽さんだって超日本型企業でいろいろやってきて社長にまでなってきた人なわけ。つまり、ばりばりの日本社会で生きてきた人なのよ。

日本人ビジネスマンがどれだけ組織の人間関係を気にしながら動いているのか、そゆこと全然知らない「政府関係者」とやらがそう好き勝手に「あいつはビジネスマンで、政治家じゃない」と見下すところがみっともない。商社なんて、政府とそっくりだよ。知らないのは政府の人間ばかりなり。どっちがあほなの。


......もっとごろごろ
posted by wanzee at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

またほら出てきた、「05年の反日デモ」の亡霊。だがしかし…

今朝、中国紙「北京晩報」に日本のネガティブキャンペーン(?)記事が掲載されたことを、「05年の反日デモの時の状況に近づきつつある」みたいなツイートが流れていたので、以下わたしの見解を述べました。メモ用にまとめときます。

若者は北京晩報なんか読んでないよw あれは「おばちゃん」読者たち向けです。あと、北京晩報って「北京市共産党委員会宣伝部」下部機関発行だから、当然宣伝臭くなりますw 今まじめにニュース読む人はそんな新聞は読んでない…というのは、先日Newsweek Japan のコラムにも書きましたけど。

ネットでキーワード検索したら出てくるサイトや記事情報を「それみたことか!」と取り上げる人は多いけど、それらのサイトや記事がどれくらい話題になっていてどれくらいの分量で読まれているかを検証しない人多し。これ、中国で取材している日本メディア関係者にも多し。検索すりゃそりゃ出てくるよ。


......もっとごろごろ
posted by wanzee at 20:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

はたさて、「尖閣」

「すわ、尖閣!」と中国駐在記者は中国メディアを眺めて中国政府の出方を憶測する。新聞の何面にどれくらいの大きさで載っているかで、中国政府のその記事の「意図」を読む。その方法はこれまでなら決して間違いじゃなかった。でも、もう古い。

というのは、記事が小さかったり後退するのは「別の重要なニュースがある」から、だ。

......もっとごろごろ
posted by wanzee at 10:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

「高富帥」の出現に思うこと:メルマガ「ぶんぶくちゃいな」vol.23 配信

香港から帰ってくる飛行機の中は大きな買い物袋を抱えた人でいっぱいだった。国内の航空会社の運航便だったこともあるのだろうが、見たところお客の8割までが中国国内から香港に出かけて「帰ってくる」人たちだった。

もちろん、ビジネス客もいた。だがまだ夏休みに入っておらず子供連れは少なく(それでも学童期の子供を連れた親はいた!)、逆に週末を使ってショッピングを楽しみに来たらしい、20-30代のカップルやグループが特に目を引いた。彼らの多くはその「獲物」を大事そうにブランド名の入った紙袋のまま機内に持ち込んでいた。タックスフリーの香港では空港の免税店でブランド買いをする人は少ないが、彼らは免税店でここまで買い込んだのか。それとも外から手荷物で持ち込んだのか。

彼らの身なりは基本的におしゃれだ。女性は今年流行りのホットパンツにペディキュアを塗った、すらりとした足をのぞかせている。男性も襟を立てたブランド物のポロシャツにカジュアルなパンツ。わたしが彼らを香港人ではなく「北京に帰ってくる人たち」と判断したのは、香港人ならまずそんなリゾートスタイルで北京には向かわないこと。そして、席に座った女性がすぐにどーんと背もたれを倒したからだ。

「離陸する前だからまだ倒しちゃだめですよ」と声をかけたら、気まずそうな顔で振り向いて背もたれを戻したが、離陸したら「自分に与えられた権利はたっぷり使う」とばかりに再びどーんと倒してきた。わたしの声に反発するそぶりは見せなかったが、その後声をかけることもなく、その「遠慮のなさ」が今の中国の「高富帥」族そのものだな、と感じた…

(続きはメルマガ「ぶんぶくちゃいな」でどうぞ)
posted by wanzee at 10:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | § ぶんぶくちゃいな § | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Copyright © WANS Factory. All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。