2012年01月18日

「大香港主義」の台頭:メルマガ「ぶんぶくちゃいな」配信

わたしは香港が好きだ。将来日本に帰るかどうかははっきり断言できないが、香港にはまた戻って暮らしたいと思っている。ここはわたしにとって父の田舎の「岡山県黒鳥」と同じくらい、大事な「故郷」だ。

香港という土地は驚くほど素早く、そして器用に経験を自分たちの未来への財産に変えていく。イギリス植民地時代には中国大陸から戦中、そして戦後(共産党政権成立)、さらに文化大革命時、天安門事件後の亡命者たちを次々に受け入れ、そして彼らのための社会体制、政策を整えた。

植民地時代の経験は彼らに中華社会において最も西洋社会に目を向けさせ(シンガポールも、と言う人もいるだろうが、シンガポールはそこで止まっている。そんなシンガポール人は自分たちを「西洋人」と呼ぶ)、海外旅行が大好きな香港人たちはまたそこで目にした事物や習慣を香港社会に取り込んできた。たとえば、90年代後半からの日本ブームはスピードや効率をなによりも第一に見なしてきた香港社会に、以前に比べて「立ち止まって味わう」文化をゆっくりと植え付けてきたように思う。

2003年のSARSでは感染地域に指定されたことで、世界的な金融都市であり、観光都市である香港は大打撃を受けた。しかし、その教訓を経て香港人の衛生観念は驚くほど向上した。多くの商業ビルのエレベーターボタンのそばには無水石けんが取り付けられ、路上からポイ捨てゴミが激減、公共のトイレや手洗い施設の改善が試みられた。

もちろん、便利なものに対する反応はもっと速い。東京より早く香港版「Suica」の「オクトパス」が導入され、今ではバスや地下鉄だけではなく、路上電車やフェリーなどのほぼすべての交通手段、そして駐車場の支払いもそれ1枚で済む。コンビニや多くの商店で使え、チャージもできる。携帯電話だって日本よりも普及が早かった。空港ではとっくの昔に住民の持つIDカードによる無人通関手続きが始まっており、市民はほぼ並ばぶことなく30秒程度で香港を出入りできる。

この街はこんなふうに上から下まで、次々といろんなものを取り入れ、受け入れ、ベストな生活方法を探す機敏さがあった。だが、今そんな彼らが大きな困難に直面している。

今月7日、ファッションブランド店「ドルチェ&ガッバーナ」(以下、「D&G」)前に2千人近い市民が集まり起こった騒ぎについて、ここ一週間ほど香港でいろいろな人の意見を聞いてきたが、この事件は「高度に発展してきた社会の体制に慣れ切った香港人」が現在心にため込んでいる不満が一挙に噴き出したという感が拭えない。

事件の概要についてはすでに「Newsweek Japan」サイトのコラム「中国 風見鶏」で書いた(http://www.newsweekjapan.jp/column/furumai/2012/01/post-438.php)ので、まだの方はまずそちらをご覧いただきたい。

いろいろな人に接するうちにこの騒ぎが抱える、本当の意味がわかってきた。まず、上述のコラムに書いたような、「大陸の金持ち観光客なら店の写真を撮って良いが、買わない香港人はダメ」とメディアが伝える解釈やニュアンスは、相当脚色された結果らしいということだ。

(…続きはメルマガ「ぶんぶくちゃいな」でどうぞ)
posted by wanzee at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | § ぶんぶくちゃいな § | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月03日

韓三篇:メルマガ「ぶんぶくちゃいな」Vol.11 配信

新しい年が明けました。わたしの中では簡単に「おめでとうございます」と言うことができずにいます。なので年初めのメールやツイートにはすべてそれなしでお返事しました。中国語の「新年好!」なら本当に気軽に口にできるのですが。とはいえ、中国では今年は厳しい一年になると言われています。これがどんな影響を及ぼすのか、また眺めていきたいと思います。今年も「ぶんぶくちゃいな」をどうぞよろしくお願いいたします。

********************

「革命」。

たぶん、日本では歴史の授業以降使ったことがない人もいるだろう。日本人にとって「革命」なんて、小説か歴史の中、あるいは紛争が続く遠い国のことでしかない。

一方、中国人にとって「革命」という言葉はずっと身近にある。まず中国の学校では「革命」がふんだんに刻まれた歴史の他に政治という科目の 授業があり、大学に進学するには本人の政治傾向はともかく、この政治でも合格点を取る必要がある。つまり、学歴が高ければ高いほど、「革命」という言葉は 脳裏に刻まれるシステムだ。だからだろう、新聞や雑誌でもよく「革命」が出てくるし、歴史書でも「革命」をタイトルにぶら下げたものも多い。

昨年は世界がジャスミン革命騒ぎで幕を開けた。だから、中国のネットでも「革命」という言葉がいつも以上に飛び交った。それは見ていて多少の違和感はあったものの、ジャスミン革命の興奮を自分たちの身に当てはめて語る中国の民主派関係者の興奮はそれはそれで中国らしいと感じていた。だが、年末になって中国の若手作家、韓寒(ハン・ハン)が書いた3本のブログで、中国における「革命」の可能性を否定したことがネット上で大論争を引き起こしていることを、先週の「ニューズウィーク 日本版」に書いた

          (…続きはメルマガ「ぶんぶくちゃいな」でどうぞ)

 


......もっとごろごろ
posted by wanzee at 11:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | § ぶんぶくちゃいな § | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Copyright © WANS Factory. All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。