2011年03月16日

日々そして続く…

11日に起きた大地震で多くの方々が被災されました。あまりの規模の大きさと被害の深刻さに圧倒されますが、それが「大きさ」よりもなによりもまず個々人に与える影響の深さを考えると、本当に心が痛みます。わたしはおかげさまで実家は九州ですし、親戚はほとんど西日本に集中しているため、直接被災した家族や親族はいませんが、それでも姻戚や縁戚をたどると、かならず被災者にたどりつく。友人の中にもまだご家族と連絡が取れない方もおられます。1日も早く、皆さんが求めておられる情報を、落ち着ける環境を取り戻せるように、祈ってやみません。



......もっとごろごろ

2011年03月09日

続・「新聞」について考える

うわっ。先日のエントリは、なんと1カ月ぶりの、(いつものことながら)なが〜くわかりにくい文だったにもかかわらず、驚くべきアクセス数…と思ったら、津田大介さんがツイートしてくれてたからなのね(笑)。あ〜びっくりした。

実は、前回のエントリではまだまだ言い足りなかったことがあります。というか、読んで勘違いなさっている方もおられるようですが、わたし、「新聞なくなれ、きれいさっぱりなくなってしまえばいい」とは全然思っていないんですね。それが、某新聞社(まだ秘密)からのご依頼を受けた理由です。なぜかというと、

1) 趣味や興味に関わらず、また年齢や性別差にも関わらず、やはり新聞を読んでいる人たちの層は広い。どーのこーの言いながら20代の人も目を通すし、80代のおじいちゃんにも読んでもらえる。これは、「うちの読者にはツイッターなんて分かりませんから」と、30代の某オピニオン誌編集者が、津田大介さんと安替の対談企画を蹴ってくるような、そういうメディアとは違う(世の中の重要な動きを読者が分かっていないから、教えてあげるのがあんたらメディアの役目だろ? どアホ!)。

2) エントリの最初にも書きましたが、話をしよう、してみたい、ネットってどんなふうに使えるの? ツイッターってぼくにも出来る?と恐る恐るながらも興味を持とうとしている「中の人」がいる。これはとても重要。ネットに君臨して、ヤフーで○○新聞発のニュースを読みながら、「新聞社なんてもういらねーよ」と呟いている人よりもずっと健康だと思う。

3) そしてやはり、責任感。新聞社の名刺を持っている人がみんな責任感を持っている、とは言いません。でも、「新聞社」というプライドとともに責任感を燃やしている人も多い、というのは認めなければならない。たとえ、その責任感が「暴走気味なんじゃね?」と思っても、長年「社会の木鐸」と言われてきた職についたことに、並々ならぬ責任感を感じている人たちはいる。それこそ、あっちこっちで携帯電話でほんのちょいっと、あるいは一日中バカ面でPCに向かっているわたしのような人間が思いつきで書きたいときに書きなぐるのとは違う習慣を身につけている人いる。だいたい、「あそこ、もう経営状態やばいんじゃない? 給料安いらしいよ」と何年も言われてきた某社でそれでも頑張っている人たちを、「あいつら、おいしい思いだけしている」と思いこむのは間違いでっせ。


......もっとごろごろ
posted by wanzee at 15:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニッポンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

「新聞」について考える

JMMの海外レポートが休載になってから、「どっかに書かないんですか? 有料でも読みます!」と、嬉しいお言葉をツイッターでかけてくださる方たちがおられます。何が嬉しいって「有料でも」というところww(JMMは無料だったかんね) それって、読む側だけじゃなくて、書く側も載せる側もWinWinWinの状態なわけですから。

というわけでお知らせです。

4月から1年間、ある新聞の土曜日紙面でコラムを担当することになりました。同コラムは同紙では毎日別々の書き手に依頼しているもので、現在の土曜日担当者を見ると…う〜む、わたしを後任に選ぶのはどこか間違っているのではないだろうかと思うのですが、なんでも同コラム初の海外からの寄稿ということで、わたしに声をかけてくださった担当者の方も張り切っておられるようです(何を?)。

JMMとは違った中国からのコラムとなる予定ですが、詳細はまた改めてご連絡します。


......もっとごろごろ
posted by wanzee at 13:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | ニッポンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Copyright © WANS Factory. All rights reserved.