2007年08月31日

いちお〜

さっきまで、BBCワールドで故ダイアナ妃の追悼セレモニー見てた。
特にダイアナさんには思い入れのようなものはないんだが、
繰り返される賛美歌(?)、
教会の中にぶら下げられた(たぶん)過去の紛争や戦争の時に振り回されたんであろう、泥だらけ、ぼろぼろのユニオンジャック旗の数々、
ほんでもって、かなり邪魔じゃないかと思うほどの列席の女性たちの帽子。
合唱隊やオーケストラの中には完全なアジア系の顔もいた。

いや、イギリス人という人種の見てくれはともかくとして、
そういう中で行われるセレモニーを見ながら、
こうやって今だにそれに包まれること、そこから「文化」への尊厳が生まれるもんじゃないかな、と思う。
博物館に入れて人々の手に届かなくすること、それは文化ではなくてただの骨董じゃなかろうか。

ところで、いちお、ここで自分を追い詰めるために宣言しておきます。
そろそろ引越しです。
posted by wanzee at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文化魑魅魍魎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

海賊版+海賊版+海賊版

一事一智とはよく言ったもので。

先日、香港人のRAYが、知り合った頃、わたしが「北京に住みたい!」と言っていたのを覚えていて、
「北京好き?」ときかれた。

……う〜ん。嫌いじゃないけど。
昔、たとえば「香港好き?」ときかれて、すかさず「好き!」と答えたみたいに
「北京好き!」とは答えられないかな。
いろいろ、ここは面倒だから。

「面倒?」

だってさ、香港人も感じてると思うけど、いろいろ人を分けるじゃん。
アンタは香港人、そっちは台湾人、そしてお前は外国人って。
おかげでいろいろ面倒でしょう?
香港じゃ、そういうのないじゃん。み〜んな一緒くた。

「うんうん」

だから、ここはわたしみたいなのが長く暮らすところじゃないと思ってる。

......もっとごろごろ
posted by wanzee at 16:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北京の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

狗友聚会

突然、北京にやってきた香港人DUC。
しゃべっているうちに、北京在住香港人RIXと知り合いであることがわかった。
……そりゃそうだ、同業者なんだからね。

これまで北京にくるたんびにRIX夫婦と会っていたらしい。
RIXもそんなこと一言も言ったことはなかった。
……って、やつもわたしとDUCが10年来の知り合いだとは知らなかったから。

その場でわたしの携帯からRIXに電話してDUCに換わると、
RIXも「おおお〜っ」と驚いたようで、DUCの滞在中にみんなで集まって食事しようということになった。
「ついでにRAYを呼んで一緒に」

……RAYってだれ?

......もっとごろごろ
posted by wanzee at 18:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北京の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

でれでれしているうちに……

でれでれしているうちに(って、それなりにやることはあったんだけど)締め切りになって、
先週同じ日にシンクロさせて、ちょっとイタイ原稿を2本仕上げた。
わたしの場合、「イタイ」原稿というのは、気合いを入れなきゃ書けない原稿。
つまり、それなりにこだわりのある原稿という意味だ。
ま、今年に入ってから書いてる原稿は基本的に「イタイ」原稿だし、
あ、以前も書きたくない原稿はほとんど受けていなかったから、結局書いてたということは「イタイ」のか……

でも、「イタイ」だけに重なると、わや!。
今年はその、わや、が多くて、ここまでわやわやで来た。
振り返ってみると、自分のキャパの小ささに情けなくなるけど。

後半は基本リズムのほかには特に大きな原稿がまだ入っていないので、
これから来年の、わや!に向けていろいろ策を練ることになる。

......もっとごろごろ
posted by wanzee at 16:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北京の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

好運北京

北京市の交通規制キャンペーン「好運北京」1日目。

階下の駐車場のいつもなら、昼間には空いているはずの駐車スペースには、
ナンバープレートの下一桁が偶数のクルマが何台か停まっている。
ただ、これだけじゃ、偶数ナンバーの車が停まっていることは確認できても
偶数ナンバーの車が「走っていない」ことが確認できているわけじゃない。

今日は金曜日。
いつもだったら、週末に向けて市外の車が大量に市街地に向かったり、
週末休みを前に道が渋滞する日である。
アパート前の幹線道路を眺めてみると、それほど車の量が減ったようには見えない。
歩道脇の駐車スペースに縦列駐車している車の数もいつもよりそれほど減っているようではない。

……昨年の公用車40万台の利用ストップは見ただけで効果テキメンだったような記憶があるんだけど。
今回、奇数偶数日にそれぞれプレートの偶数奇数で走行をストップされる車は、1日130万台だっていうのに。

どんなもんかな。

午後でかけたときにでもゆっくり観察してみよう。
posted by wanzee at 12:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | Pre OLYMPIC 我領屁股之前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

昨夜の出来事

昨夜、8時過ぎ、まだ予定通り終わっていないお仕事に後ろ髪引かれながら、
夕食の約束をしていたある人を訪ねた。
約束は8時だったんだけれど、これまたいろいろあって遅れたのさ。

着いた先は巨大な団地。
行ったことがないわけのない団地だったけれど、
いつも目的地で用事を済ませてすぐ、「帰ろ」と思ってしまう団地だった。
いや、住んでいる人にけち付けるわけじゃない。
スーパーもレストランもコーヒーショップもあるし、
昨日は本屋まで見つけたし、
確か味千ラーメンもあるし、
もちろん、オフィスビルも住宅もある。
そして、地下鉄の駅も。

ま、住みやすい理由はよく分かる。
しかし、だ。
いやなんだな、あの画一的、均一化されたビルがずどんずどんと立つ中で暮らす、という感覚が。
個人的なもんですが。

んで、昨夜訪ねることになっていた相手の指定場所は、
その団地の中の、まだわたしが行ったことがなかった住宅棟の方にあった。
ぶらぶら〜っと歩きながら、「2号棟」が分からない。
電話すると、「ほら、色分けされてるからさ、青い色のビル」と言われ、
ああ、そうそう色分けされてるね、ここの団地、と思い、電話を切って見上げると……

夜8時過ぎなんだから、アンタ、団地群は暗くて真っ黒け。
かろうじて路上の灯りが団地群の入口を照らしている。
ここはオレンジ、違う。
あっちは黄色、違う。
う〜ん、青ってこれかな? いや、待て、ここには緑色もあったぞ…

と、思いながら上見て歩いていると、中庭公園の噴水そばでくつろぐ夕涼みの住人たちを見た。

都会にあってこの風情、やっぱりここは暮らしている人たちにとってはいいところなんだろう……けど。
やっぱ、わたしは嫌いだ、似たり寄ったりのビル群が。

しぶきを浴びながら、噴水のそばを通り過ぎ、
これだと目をつけた団地ビルに向かっていると、
向こう側から人々が慌てたように次々と走ってくる。

……ん?......もっとごろごろ
posted by wanzee at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北京の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

重慶のひとコマ

中国四大かまどの一つ、重慶。
先日は北京も39度まで記録したそうですから、そりゃ暑いことでしょう。

で、今日ウェブサイトで見かけた重慶の納涼方法

1)水中マージャン
2)飼い犬の首にペットの蛇を巻きつけて、水遊びをする夫婦。
3)防空壕の前で夕涼みをする人たち。

わたしが一番受けたのは、水中マージャンでした。
ぐははは〜、その発想がすごいぞ、中国人!
posted by wanzee at 18:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろびろ中国いろいろ中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
Copyright © WANS Factory. All rights reserved.